宅建に限らず、多くの法律資格向け対策講座を開講しているのがLECです。

LECの宅建講座の特徴としては、やはり講師陣の優秀さでしょう。

実務経験がある講師、在学中合格を果たした講師、書籍等の執筆経験がある講師…。

非常にバラエティに富んでおり、試験合格後も見据えた講義内容は定評があります。

価格は一般的な予備校と同水準(約15万円ほど)です。

ただし、この価格に見合うだけの講義内容であることは確かです。

講義には市販もされている「出る順 宅建合格テキスト」を使用し、問題演習には「ウォーク過去問」を使用します。

どちらも、一般的な書店であれば置いてあると思うので、パラパラと見てみるのも良いかもしれません、

また、独自の傾向分析も非常に定評があり、毎年のように出題予想を的中させています。

テキスト→問題演習→模擬試験…といったサイクルで知識を定着させ、地道ながらも確実な方法で合格を目指すのがLECのスタイルです。

その意味では、真面目にコツコツと努力できる方向けだと言えるでしょう。

加えて、通信講座のみではないため、合格後の登録実務講習を実施しているという点が大きな特徴です。

つまり、試験合格→登録講習までが1つのサイクルとして存在するのです。

このように、合格後までを見据えたスタイルが好評であるため、LECの人気は今も昔も高いです。

「本物の実力」をつけて合格したい方は、ぜひ、LECで宅建向けの講座を受講してみてください。

もちろん、既に勉強をしているが、なかなか合格に手が届かない方も大歓迎です。

「今年こそ合格したい!」という思いを持った全ての方にお勧めできるのが、LECの講座です。

興味を持った方は、ホームページをご覧のうえ、資料を請求してみてください!