Month7月 2014

宅建 大原の特徴

テレビCMなどでもおなじみの「資格の大原」について。

大原でも宅建の講座を開講しています。

大規模な予備校であるため、通学、通信の中から生徒が選んで受講できます。

満点を狙わず、合格点のみを狙ったカリキュラムは評判も良く、毎年、多数の合格者を出しています。

分かりづらいところをかみ砕きながら説明してくれるので、独学で陥りがちな「丸暗記」からの脱却が図れます。

受講料は10万円前後。少々割高ですが、それに見合うだけの価値はあると言えます。

テキスト、問題集、自習室利用等のオプションも含めた価格ですから、損はしないと思います。

個人的には、通学がオススメです。というのも、通信の講義は通学の講義をそのまま録画したものであり、
いささか臨場感にかけるからです。

緊張感、臨場感をもって講義に臨みたいという方は通学講座が良いでしょう。

ですが、どうしても通うことができないという方もいると思います。

そのような方は通信講座を受講すると良いでしょう。

テキストはとても丁寧に作られていますし、講義内容も通学講座と同様であるため、物足りないということはありません。

ただ、諦めずに努力を続けていくだけの忍耐力が必要だということは言うまでもありません。

怠けようとすればいくらでも怠けることができる分、自分を律していくことが必要です。

たゆまぬ努力を続けていける方は、ぜひ、「資格の大原」を選んでみてください。

「本気になった」方は、大原を選ぶと良いでしょう。

今年の合格を手にするのは、今、この記事をご覧になっているあなたです。

大原を選択すれば、独学では学べないような色々なことが学べます。

皆様の挑戦を期待しています。

宅建講座 クレアールの特色

全国的には、まだまだ知名度が低いですが、近年、資格予備校の中で急成長を遂げているのが「クレアール」です。

クレアールのコンセプトはその名も「非常識合格法」です。

これは「合格者であれば確実に正解する問題だけを完璧にし、それ以外は捨て去る」という意味だそうです。

確かに、非常に理にかなった方法だと思います。

また、テキストや問題集も充実しており、分かりやすいという評判もあります。

受講料は6万円前後。これなら手が届きそうな値段です。

さらに、自習室を開放してくれているため、「家ではなかなか勉強が手につかない」という方でも勉強を続けることができます。

加えて、学習アドバイザーという方がおり、その人に質問することができます。

通信教育等における悩みとして、「疑問点が積み重なってしまい、なかなか勉強に手がつかない」というものがあります。

そうして疑問点をため込んでしまい、いつの間にか袋小路にはまり込んでしまうということは珍しくありません。

ですが、質問できる方がいるため、そうした不安も解消できます!

講師の方はこの道を歩み続けてきたエキスパートです。

彼が電子黒板を使いながら、難解な法律用語を分かりやすく伝えていくため、飽きずに講義を受けることができます。

アクセントをつけた素晴らしい講義を体感し、吸収し、合格への力と変えていくことができれば、これほど素晴らしいことはないでしょう。

試験は合格したもの勝ち。どれだけ知識を持っていても、使いこなせなければ意味がありません。

「短期間で合格をしたい」という方、「合格に必要な知識だけが欲しい」という方にはこのクレアールがオススメです。

そう思った方は、資料を請求し、サンプル動画を見て、今年の合格に向けて踏み出してみましょう。

宅建 LECのオススメポイント

宅建に限らず、多くの法律資格向け対策講座を開講しているのがLECです。

LECの宅建講座の特徴としては、やはり講師陣の優秀さでしょう。

実務経験がある講師、在学中合格を果たした講師、書籍等の執筆経験がある講師…。

非常にバラエティに富んでおり、試験合格後も見据えた講義内容は定評があります。

価格は一般的な予備校と同水準(約15万円ほど)です。

ただし、この価格に見合うだけの講義内容であることは確かです。

講義には市販もされている「出る順 宅建合格テキスト」を使用し、問題演習には「ウォーク過去問」を使用します。

どちらも、一般的な書店であれば置いてあると思うので、パラパラと見てみるのも良いかもしれません、

また、独自の傾向分析も非常に定評があり、毎年のように出題予想を的中させています。

テキスト→問題演習→模擬試験…といったサイクルで知識を定着させ、地道ながらも確実な方法で合格を目指すのがLECのスタイルです。

その意味では、真面目にコツコツと努力できる方向けだと言えるでしょう。

加えて、通信講座のみではないため、合格後の登録実務講習を実施しているという点が大きな特徴です。

つまり、試験合格→登録講習までが1つのサイクルとして存在するのです。

このように、合格後までを見据えたスタイルが好評であるため、LECの人気は今も昔も高いです。

「本物の実力」をつけて合格したい方は、ぜひ、LECで宅建向けの講座を受講してみてください。

もちろん、既に勉強をしているが、なかなか合格に手が届かない方も大歓迎です。

「今年こそ合格したい!」という思いを持った全ての方にお勧めできるのが、LECの講座です。

興味を持った方は、ホームページをご覧のうえ、資料を請求してみてください!

宅建 ユーキャンの魅力

資格試験の通信教育講座と言えば、何と言ってもユーキャンを連想される方も多いのではないでしょうか。

CMや折り込みチラシの効果もあってか、おそらく知名度は相当に高いと思います。

ユーキャンの魅力は何と言っても、分かりやすいテキストにあります。

優秀なスタッフが、過去問を詳細に検討し、試験に出そうなところのみをピックアップした結果、
市販のものと比べると相当に薄く、なおかつ必要十分な分量を搭載した良質のテキストが完成しました。

特に、法律初学者の方に人気が高いのも特徴の一つです。

ポイントとなるような箇所が一目で分かるようになっているため、無駄な労力を使わずに済むからです。

加えて、独学では歯が立たなかったという方が、ユーキャンの宅建講座で勉強した結果、あっさりと合格したという話も耳にします。

やはり、実績あるユーキャンならではのスキルと言えるでしょう。

また、「締切効果」を出すために、添削課題がついているのも魅力的です。

どうしても、自分のペースではダレてしまいがちという方でも大丈夫。

テキストの執筆に関わってきた優秀なスタッフの方が、一枚一枚丁寧に添削してくださるため、
モチベーションが持続するようになっています。

また、価格も約5万円台となっており、手が届きそうな価格設定になっています。

「独学では続ける自信がない」という方。

「高額な出費をする余裕がない」という方。

そのような方でも、ユーキャンの宅建講座であれば、気軽に始めることができるはずです。

次の合格者はあなたです。

関心を持たれた方は、ユーキャンの宅建講座をホームページでチェックしてみましょう。

そして、無料サンプルを申し込んでみてください。

人生を変えてみませんか?

宅建 フォーサイトの魅力とは

資格取得のための通信教育講座で、近年人気を集めているのが「フォーサイト」です。

フォーサイトの魅力は、低価格でありながら満足度の高い授業を提供していることでしょう。

一般的に、宅建の講座は予備校だと約10万円ほどしますが、フォーサイトは約3万円という驚きの安さです。

しかも、テキストは2色刷りでとても見やすい作りになっています。

また、合格実績を公表している点も人気を集めている理由の一つと言えます。

昨年(2013年)の実績で言えば、全国平均約15.3%という低合格率の中、フォーサイトの受講生の合格率は何と約66%でした。

これは、3人に2人の割合で合格したということになります。

フォーサイトの凄さが分かる数字ですよね。

では、なぜ、フォーサイトの講座は人気が高いのにもかかわらず、こんなにも低価格なのでしょうか。

それは、フォーサイトがテキスト・教室などを全て自前で揃えているということが大きく関わっています。

一般的な予備校ではテキストの印刷・製本などを外注してるため、かなり高コストになります。

ですが、全て自前でそろえてしまえば、そうしたコストはかかりません。

加えて、完全に通信に特化した授業形態も低価格の一員でしょう。

撮影用の教室が一つあれば、全て事足りるようになっているため、人件費等も安く済みます。

これが低価格実現のカギになっています。

よくある「安かろう・悪かろう」を排除しつつ、圧倒的な実績を残しているフォーサイト。

ホームページを見て、興味がわいたという方は無料のサンプルをもらってみると良いでしょう。

合格を目指す皆さんの第一歩目をフォーサイトとともに踏み出してみませんか。